水泳でカロリー消費&体型キープ!スイムのおすすめウェアもご紹介

水泳はカロリー消費が大きく、ダイエットや体型キープに適した運動といわれています。エクササイズとしてのスイムの魅力や、スタイルアップ効果を高めるためのポイントなどをまとめました。また、おすすめウェアについてもご紹介します。

水泳はダイエットに効果的

Female swimmer gushing through water in pool

有酸素運動のひとつである水泳は、ほかの有酸素運動よりもカロリーの消費量が多いとされています。

ウォーキング1時間と、ゆっくりとした平泳ぎ1時間を比べると、平泳ぎのほうが約4倍のカロリーを消費するそう。

また、水圧によって全身の血流が促され、代謝がアップするなどの効果も期待できます。

このように、水泳はダイエットに向いている運動といえるのです。

参考:ヘルスケア大学

 

水泳と筋トレを組み合わせよう

Exercising with weights, looking at mirror. Focus on hand

スタイルアップ効果を上げるためには、無酸素運動である筋トレと組み合わせるのがおすすめです。

効率よく脂肪を燃焼させる水泳に加え、体を引き締める筋トレを行うことで、美しいボディラインを目指すことができるのです。

トレーニングの成果が水着姿に表れてくると、モチベーションもアップしそうですね。

参考:ヘルスケア大学

 

ポイントと注意点

Fit swimmer smiling at camera getting out of the swimming pool at the leisure center

水泳を始める前には、必ずストレッチなどの準備運動をして、怪我を予防しましょう。

水の抵抗により普段よりも筋肉をたくさん使うため、アキレス腱や手首、足首などをよくほぐすことが大切です。

また、長時間水の中にいると体温が下がり、体調が悪くなることがあるので、適度に休憩をはさみましょう

頑張りすぎず、1時間に10分くらいのペースで休むようにしてくださいね。

参考:ヘルスケア大学

 

おすすめのスイミングウェア

Portrait of a fit swimmer woman at pool looking at camera. Portrait of competitive female swimmer near swimming pool. Young swimmer wearing swim cap and goggles with crossed arms at poolside.

フィットネス水着を選ぶ際は、泳ぎやすさなどの理由から、ぴったりめのサイズを選ぶのが良いようです。

水着の種類は、セパレートタイプワンピースタイプオールインワンタイプといったものが一般的です。

セパレートタイプは、水中ウォーキングなどには向いていますが、スイミングをするにはあまり向きません。

ワンピースタイプは、体を動かしやすく、スイミングに最適な水着といえるでしょう。

オールインワンタイプは、泳ぎやすく、太ももなどが気になる方にもおすすめのタイプです。

参考:筋トレぴろっきー

 

spa in pool, woman

水泳はカロリー消費量が多く、ダイエットにぴったりなスポーツなんですね。
お気に入りのウェアを見つけて、スイミングを楽しみましょう。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。