当たり前になれば自然と痩せ体質に!巷で噂の“痩せグセ”とは?

みなさんは“痩せグセ”という言葉をご存知でしょうか?痩せグセとは痩せる癖のことで、YKといった風に略して呼ばれているほど巷で話題になっています。今回は、当たり前になれば自然と体重が減っていく、主な痩せグセを4つご紹介します。

痩せグセ①階段を使う癖

Portrait of lovely brunette walking up the stair, view from above

まず最初にご紹介する痩せグセが、階段を使う癖です。
エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使うのが当たり前になれば、1日の生活の中で消費されるエネルギー量が増えることで痩せやすくなります。
自宅マンションや会社のビルではエレベーターでなく階段、スーパーやデパートでもエスカレーターでなく階段を使うようにしましょう。

参考:All About

 

痩せ癖②よく噛む癖

Chewing Gum.

よく噛む癖を身に付けると、少量の食事でも満腹感を得られるようになることから、痩せやすくなります。
というのも、私たちの身体は、噛めば噛むほど脳にある満腹中枢が刺激されるようにできています。
満腹中枢が刺激されれば、少量の食事でも「よく食べた」と脳が認識するため、余計な食べ過ぎを防ぐことができるのです。

 

Beauty face of young woman with natural makeup and hand near lips looking at camera isolated on white background. Studio portrait. Toned

また、よく噛む癖が身に付くと、咀嚼によって顔の筋肉が鍛えられ、顔のむくみやたるみの予防・改善を図ることもできます。
食べ過ぎを防ぐことができる上に顔までスッキリするなんて、一石二鳥ですよね。

参考:本多歯科クリニック

 

痩せ癖③湯船につかる癖

Just relax. Content beautiful young woman listening to music and closing her eyes while taking a bath

湯船につかると、血行やリンパの流れが促進されることで、基礎代謝が向上
基礎代謝が向上すれば、消費されるエネルギーが増えることから、痩せやすくなります。
また、湯船につかると、肥満の原因につながるむくみや冷え性を予防・改善することもできます。
こういった理由から、普段シャワーだけで入浴を済ましているという方は、湯船につかる痩せグセを身に付けましょう。

 

痩せグセ④食事が終わってからスーパーへ行く癖

Woman in supermarket

食事が終わってからスーパーへ行く痩せグセを身に付ければ、食欲が満たされているために、余計な食材を買いこんでしまうのを防ぐことができます。
その結果、間食や夜食などをする機会が減り、自然と痩せやすくなるのです。
食費の節約につながるところも大きなメリットといえます。

参考:PERSONAL STUDIO STYLE ブログ

 

今回ご紹介した以外にも、当たり前になるだけで体重が減っていく痩せグセは、まだまだ存在します。
痩せグセが身に付けば、食事制限や運動などのダイエットを頑張る必要もなし。
いろんな痩せグセを身に付けて、ダイエットなしでスリムな身体を手に入れちゃいましょう。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。